停電・計画停電対策用エコ発電

計画停電や長い停電が起きると、私達は常に自分の地域の停電時間を基に行動する事を余儀なくされます。電気が来ているうちにやっておかなければならない事、掃除、洗濯、食事の準備等・・・。又、電車の運行も左右されるので、買い物や通勤にも一苦労です。

2011年3月に実施された計画停電において、都心に勤めている方の中には、通勤が大変なので会社やビジネスホテルに泊ったり、賃貸物件を借りたりする方もいました。電気を使う仕事は停電中はもちろん中断となります。

停電時間になると、街はピタッと止まった感じです。店は閉まり、人はいなくなり、車の交通量も減ります。停電中は信号機も点かないので本当に危険です。子供達の授業は午前中で終わり、給食なしで下校する事もありました。

しかし、もっと大変なのは夜間の停電です。信号機の機能していない暗い道路での走行は危険ですし、警察官も全ての交差点で交通整理する事は不可能です。マンション等のセキュリティーも解除されてしまうので防犯にも気を使います。真っ暗で静まり返った長い夜は不安なものです。夜の停電時でも非常用電源があれば、照明器具を点灯させたり、携帯電話やスマートフォン等の充電をしたり、夏はクーラー、冬は暖房器具を使う事も可能です。

自然エネルギーを使ったエコ発電としては水力、風力、地熱、太陽光などがありますが、停電時の自家発電を考えると比較的何処でも得る事が出来る太陽光を利用した発電が身近であると思います。

▲このページのトップに戻る