太陽光蓄電システムとしての特徴

●売電タイプと蓄電タイプ

太陽光発電のほとんどが、太陽光発電(売るタイプ)と独立型太陽光蓄電(ソーラーパネルからのみの蓄電)の2つに分けられます。

売電タイプは蓄電機能が無い為、夜間に停電が起きると太陽光パネルからの発電がありませんので、通常の停電と同じく電化製品が使えない状態になってしまいます。又、独立型太陽光蓄電は雨天、曇天、降雪等で気象条件が不安定な状況が続くと、バッテリーに十分な蓄電が出来ず 待機電力による放電が進み、非常時に於いて電源供給が十分に機能しなくなってしまうといった課題があります。

●エコブリッドUPSは天候に左右されにくい

エコブリッドUPSソーラーパネルでも発電機でも家庭のコンセント(AC100V)からでも蓄電出来る事が特徴です。従いまして停電時、災害時、悪天候時でも安定して電源を供給する事が出来ます。

▲このページのトップに戻る